明希=azukiの42日間

わずか42日で虹の橋を渡った 明希(あずき)の頑張った日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ややの事ではみなさんに気をかけていただき
本当にうれしく思っています。
頑張ったややの最後を記録として綴りたいと思います。
かなりの長文になりますが よろしければ・・・・




26日 手術前のややは信じられないくらい元気でした。
本当に手術が必要なのか?って思うほど・・
夜10時から手術が始まり0時少し前に終了

27日の午前中ままんちが面会に行ったときは
まだ元気だったそうです。起き上がったり歩きたがったり・・・
でも食欲はなく朝ごはんも食べなかったそうで
水を飲むと吐いたそうです。

私は職場の大掃除終了後 5時少し前にややの面会へ
私に送れること10分 ままんちも面会に・・・・。
少し待って連れて来られた ややはぐったりしていました。
目に力もなくうつろな感じでした。
でも看護師さんや先生が来ると目を見開き・・・

ままんちに抱っこされながらも
力なくぐったりしたまま。
手術後も続けていた輸血が6時過ぎに終了
この時、何だか血なまぐさい臭いがしたように思ったのですが
輸血してる事もあったし ままんちは気づいていないようだったので
「気のせいかも?」と。

輸血をすると浸透圧の関係でおしっこの量が増えるはずなのに
朝からおしっこの量も少なく腎臓への負担が心配なので血液検査をするため診察室へ
この時すでに足が立たない状態でした。
台の上の乗せると大量のウンPが出たのだけど、血が混じって真っ黒の生臭いものでした。
さっきの臭いはこのせいかも・・・。
再び待合室に戻り・・・検査結果が出るのを待ちました。
結果は腎不全の一歩手前 かなり危険な状態
「一度ややちゃんは腎不全を起こしているので・・・
このまま頑張ってくれるといいのですが・・・」と先生


6時半・・・「点滴を入れましょう」と再び処置室へ
この時すでに意識もなかったのかもしれません。
再びうんPをし、少量のおしっこをし・・・
診療はもう終わっていましたが
先生が「まだ面会しててもらっていいですよ」と。
ままんちがおトイレにいってる間に先生とお話をしました。

まず術前に毛を剃ると体が黄色かった・・
開腹してみると、内臓という内臓は黄疸でまっ黄色だったそうです。
肝臓は通常の2~3倍に腫れあがり リンパ節も倍以上に
胆のうと小腸がべったりと癒着していたそうです。
当初 リンパ腫を疑ったりもしたのだけど、こればかりは組織を切り取り
病理に回し ガンとわかってからしか抗がん剤治療はできないそうです。
他の健康な細胞までやっつけちゃうから。
病理に回すために肝臓の一部を切除したそうです。
先生もこんな症状は初めてだそうです。
先生は「この状態が続くと今晩にでも急変が考えられます。
黄疸の原因がわからないと治療も・・・肝臓も治療をしているにも関わらず
数値が下がりません。」


7時少し前から
足を動かし始める。まるで散歩しているかのように。
体を反らせたり時々「くぅ~」と鳴く。
ままんちも「やや、辛い? 何してほしい? ここに居てるからな」
そのうち「やや、もう頑張らんでいいよ! やや」
と声をかける。

7時・・・・
何だか嫌な予感がしたとたん
ややの体が小さく痙攣 体を反らし
後ろ脚をギュッとこわばらせ・・・
次の瞬間 鼻から血液が吹き出し・・・・
すぐに手術室に運びこまれて行きました。
この時 2人ともすでに涙でいっぱいでした・・・。

7時10分ごろ・・
看護師さんに呼ばれ 入ると
心臓マッサージを受けるややの姿が。

心臓マッサージを続けるかやめるかは飼い主さんの判断です・・
と先生
ままんちは「・・・・もう十分です・・・もう辛いだけやし・・
でも誰も居てない所で一人で寂しく逝かんかっただけ良かった・・
みんなに立ち会ってもらって良かったな。○○(私)もここにおるで!
ありがとうな!やや ありがとう
よう頑張ってくれたね。ありがとう!」

先生も悔しかったのか「残念です・・手術がんばったのにな。
頑張ったな・・・」と泣いてくださいました。

今回の経過としては・・・

月曜日 朝
茶色いチッコをする。 病院に連れていき血液検査
肝臓の数値が異常に高い 通常70~250位なのが3500もある。
入院して詳しい検査

火曜日
入院以来 検査結果は変わらず

金曜日
胆のう?に影が見つかる
急遽 手術が決まる

結果的に残念な結果になってしまいましたが
本当に最後の最後までややは頑張ってくれました。
逝く時も他の患者さんが全て帰られた後、そして私達が居る時間に。
ままんちが無理して笑顔で居なくてもいいようにお休みに入る前に・・・。






家に連れて帰ってきてお通夜をしました。
チャッピーは不思議そうな顔をしていました。あまりわからなかったのかも。
28日 我が家で一番お世話になった果音を最後の挨拶に連れていきました。
お線香やろうそく、ご飯をのけると寝ているややに向ってダッシュしていきました。
しばらくクンクンしていましたが、何かが違うのか「???」ていう感じでした。
それから火が危ないので周りを囲うと
「やや~ やや~何で寝てるの?」って感じでクルクル回りを歩いてました。

そして夕方4時から稲荷山ペットパークにてお葬式をしてきました。
荼毘にふされ煙突から煙が昇っていきました。
改めて、もうややが居ないんだ・・・と。
あの笑顔がもう見れないんだ・・・・と。

突進娘でとにかく人が大好きで・・・・。
どんなワンコも大好きで・・・・。
ダンナにパクッってされるのが大好きで・・・・。
アニーに怒られてもアニーの事が大好きで・・・・。
お散歩に行くのが大好きで・・・・。
なにより、ままんちの事が大好きで・・・。

そんな ややがもう居ないなんて・・・。
もっとオフ会に連れて行けばよかった。
たった一度きりのオフ会 ややは楽しんでくれたかな・・。

そして お葬式の後 ままんちが言った一言。
ややが足を動かし始めてから
「やや 良く頑張ったな。もう頑張らんでいいで」と
言ったら、ややの口元が上がり「ニコッ」と笑ったそうです。
まるで「本当?もう良い?」とでも言ってるように・・・
意識が無くても きっと私の言うてることがわかったんやわ・・・。
せやから・・・もういいんやって・・・。




1月6日 かかりつけの動物病院から、ややの病理結果のお知らせがありました。
結果は・・・「肝細胞癌」だったそう。
先生のお話では「全身に転移していたものと思われるそうです」との事。
先生は「ご自分を責めないでください。飼い主さんには見つけられなかったと思います
まして、あんなに元気だったんですから・・・」と仰ってくださいました。
きっと我慢してたんだろうなぁ。

ままんちが言った一言
「あの子は人が好き、犬が好き
みんなの事が大好きで大好きで・・・・
だから自分でわかっててみんなに大好き~って言うて。
生き急いでたんかなぁ・・・
そんなに急いで逝かんでも・・・・」って。

確かに・・・。
誰に何をされても怒らず 子供にもみくちゃにされてもジッと我慢してた
いつも笑顔で。
全身で「大好き♪大好き♪あたちと遊んで♪良い子して♪ねぇねぇ~♪」
突進娘で大きな体で突進して・・・
でも人一倍怖がりで・・・
いつも「あそんで~」って体中で体当たりしてくる ややに
「わかったから、わかったからっ」って言ってた私。
ややの何をわかってたんやろう・・・。
もっと抱っこしてあげれば良かった・・・
遊んであげればよかった・・・・。
もう遅い。
ごめんね やや。



今回はみなさんのお気持ちに励まされました。
ままんちも少しづつ前向きに頑張ってくれています。
励ましのメール 嬉しかったです。
いろんな気持ちが心強かったです。
ふっとした瞬間に涙が溢れます。
でも いつかは楽しい思い出に変わると信じてます。
今頃はたくさんのお友達と虹の橋で走りまわっていると思います。

本当にありがとうございました。<(_ _)>







| 未分類 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/06/05 18:20 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://azuki42.blog23.fc2.com/tb.php/45-7325ea83

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。